定年退職のプレゼント

最近、アメリカでは早くに投資などでたくさんお金を蓄えた人たちが、早期退職するケーるが多いようです。日本ではあまりに見られないようですが。定年退職を迎える人に送る退職祝いのプレゼントとして人気があるのが、繊細なガラス細工が施されたワイングラスやバカラグラス、また写真プレームです。

この仕上がりが格調高く美しいガラス細工は、コンピューターとレーザーを使って作られるもので、名前や働いていた期間また感謝の気持ちを言葉にして刻むことが出来、世界で一つだけのオリジナルなものです。

一緒に住んでいる家族って、素直に感謝の言葉を伝えづらいもの。この様な退職祝いを使って自分の気持ちを表すのもいいかも知れませんね。子供たちに勧めてみようと思っています。

話題になっている退職祝いのプレゼント

昔ながらに60歳の誕生日が定年退職の日となっている会社も多いですが、3月の年度末に切りのいい所でと定年となる会社も増えてきているようです。新しい社員が入ってくる、また今の会社の基本を作り上げた人たちが、定年を迎えるのは悲しいものですが、これも世代交代の一つでです。

定年退職のプレゼントに何が良いか?その人が長く使ってくれ私たちの感謝の気持ちが伝わるような物、なかなか見つからないものです。インターネットで退職祝いに最適と話題になっているのが、オリジナル言葉を刻み込めるワイングラスやビアグラス。コンピューターに入力したものをレーザーで彫りこむもので、仕上げも印刷と違いとても鮮やかだとか。

価格もそんなに高くないので同僚からや、子供たちからなど多くの人がりようしている様です。

素直に言えない言葉をプレゼントに込めて

子供の頃は仕事が忙しく、学校行事の運動会や卒業式などにも来てくれなかった父。でもそのおかげで私達はお金に関する心配をすることなく、大学まで安心して勉強やスポーツを楽しむ事が出来ました。今思えば私達が起きる前に家を出て、夜遅くに帰ってきていました。

そんな父も来月定年を迎える事に。定年退職のお祝いと今までの勤労に感謝をこめて何かプレゼントをと考えいます。しかしなかなか素直にありがとうと口に出しては言えない私達。なのでこの際にプレゼントにその思いを込められればと。

ネットで色々と見ていると、レーザーで感謝の言葉を刻み込んでくれるワイングラスやバカラグラスがあると。お酒を飲むのが好きな父にはとっても良いかと。もちろん私達の感謝の言葉も添えてもらって。